NEWS

常軌を逸する。「何をやるか」よりも、「何をやめるか」こそ肝心。

2020年2月23日

こんにちは。

ブルーミングホームの池内です。

 

多くの人は事実には気づかず、素晴らしいものは自分の外界にあると思って、いたずらにそれを外界に追い求める。

 

ここで有名な話があります。

 

メーテルリンクの『青い鳥 』です。

blooming bird

 

この世ならぬ美しさや、幸せの青い鳥は、

いつでも簡単に見られるというわけにはいかない。

フッと無心になったとき、美しいものにふれたとき、心が高揚してきて、

それと同時に心の奥がひらけてきて

「無意識」がのぞかれてくると、

この世ならぬ美しさが見え、幸せの青い鳥がさえずるのが聞こえてくるのである。

 

有名学者のユングは言いました、

人間の無意識のなかには、その人の過去の体験だけではなく、同じ家族の体験、民族の体験、全人類の体験がひそんでいる

 

これは、実際に僕の体験でしかないので信じるか信じないかはあなた次第です。

 

無意識の体験の存在を知るためには、現実に投影して、それを目の当たりに見ることが近道です。

 

僕が無意識でみたものは、

木が倒れていました。

 

「今までやってきたことが覆された。」

そこを飛び越えた瞬間だと思います。

 

脳には牽引の法則があります。

想ったものを運んで来る力があります。

 

「厄年の厄は、じつは飛躍の躍」

毎年、飛躍の年になりますように☺